検索
  • 前田希葉 (Kiha Maeda)

イライラしがちな夏休み、こどもとお家に花を飾ろう!

更新日:9月5日

長い長い夏休み、ママ達にかかる負担はとても大きいのではないでしょうか。


こどもの学校の宿題の手伝いをしたり、学童用にお弁当をつくったりとやることは増えるにもかかわらず、


こどもに普段はなかなかできないことをさせてあげようにも、猛暑やコロナで思うように出掛けられず在宅時間が増えてしまい、家事一つとっても自分のペースで進められないストレスフルな状況に直面し、



「早く学校始まってー!」


と思わずにはいられない方も多くいらっしゃるのではないかと思います。(はい、私です)


一人時間が取りにくく、気分転換がしずらい状況であれば、いっそのことお子さんを巻き込んでご自宅に一緒に花を飾ってみるのはいかがでしょうか。


美しい花を見ると、自然と心が元気になりますし、ものづくりに集中する時間は本当によい気分転換になりますよ!


花を飾ると決めたら用意するものは3つ。

工作バサミ花瓶(なければ空き容器)工作バサミで切れる柔らかい茎を持つ花や葉のみ。


工作の代わりに楽しめる気軽さです。


季節の花であるひまわりと葉っぱを使って。




園芸用ハサミなどがある方は少し硬い枝なども切れるかと思います。


こちらは槙(まき)と薔薇を使って。

↑私の作品

↑こどもの作品


同じ花材を使っても全く違う作品の出来上がる不思議。


「うちには立派な花瓶がないから…」という方は、是非空き容器でチャレンジしてみてください。


ジャムの空き瓶にシールをぺたぺた貼るだけでも手軽な花器になりますよ!

↑こどもの作品。テーマは「夏の終わりのダンサー」だそう。


私がよく使う空き容器はお酒の空き瓶です。



特に日本酒は一輪挿しに適した、洗練されたデザインのボトルが多く、よくチェックしています。


花を飾る過程で、


「お花を触っていると、何か楽しいかも!」


「家で少量の花を素敵に飾るコツを知りたいな」


などとお思いになった方がもしいらっしゃいましたら、お子様の学校が始まって落ち着いた頃にでも、是非当教室のいけばな体験レッスンに遊びにいらして下さい。


1回完結90分のレッスンでは、生け花の考え方を用いて、ご自宅に素敵に花を飾るコツをお伝えしています。


また、親子でのいけばな体験(親子いけばなレッスン)も受け付けております。

ご都合の良い日をリクエストくださいね(水曜・日曜は定休日)。


「こどもの学校の代休日に合わせて平日に休暇を取得したけれど、何かすることないかな?」という時などにもご活用いただければと思います。


それでは残り少ない夏休み、最後まで共に頑張りましょう!!(写真だけでも癒しよ届け~)


閲覧数:78回0件のコメント

最新記事

すべて表示